継続使用しないならインカムはレンタルするのがお得

  1. ホーム
  2. 頼れる代理店を探そう

頼れる代理店を探そう

インキ

臨機応変に変更も可能

リコーのトナー式複合機を導入する場合、リコー製品を取り扱っている代理店を経由する必要があります。トナー式の複合機は購入して、自身の管理でそのまま使う事も出来ますが、精密機器である上に使用頻度が高いオフィスなどの場合、トナーのトラブルや給排紙のトラブルなどが発生する可能性があるので、メンテナンスが欠かせません。その様な背景もあり、リコーでは代理店を介して保守とセットでのリース契約を行っているのです。実際の契約においてはまず、複合機の機種の選定が行われていき、その後、保守の内容が決められていきます。また、トナー式の複合機の場合、リース料金、保守料金に加えて、カウンター料金という費用が掛かってきます。カウンター料金は1枚何円という形で契約が行われていき、印刷した枚数分だけの請求が発生するという仕組みです。トナーの過不足はリース会社側が管理しており、常にオフィスにストックされた状態が保たれるので、自身で発注をかけたり、買いに回る手間もありません。通常業務以外の事に手間もかけたくないビジネスの現場の方にとっては魅力的な契約形式であると言えるでしょう。更にリース契約自体は5年前後で組まれるのが一般的となっており、費用やサポート体制に不満を感じたら別の代理店に変えるなども出来ますし、高性能のモデルに切り替えるという事も臨機応変に行える様になっています。なお、複合機メーカーは数多くありますが、その中でもリコーは複合機のラインナップ数が業界内でもトップクラスですし、オプションの数も充実しているので、メーカーとしても安心して利用が出来ると言えるでしょう。