継続使用しないならインカムはレンタルするのがお得

  1. ホーム
  2. プリントするまでの準備

プリントするまでの準備

3Dプロッタ

3Dプリントに必要なこと

3dプリンターで何かを作り出す時、3Dモデルを一から作れるほうが自由度は高いですが、全て自身でデザインしなくても、専用のモデルデザイン配布サービスを活用するとデザインしなくても良いのでおすすめです。簡単な造形や、シンプルな形状であれば自身で作らなくてもテンプレートを用意して加工していくほうが時間も節約になります。特に、コンピュータの性能によってはテンプレートから作らないと時間がかかりすぎて、期待通りのものがなかなか出来上がらないこともあります。おすすめなのは、基本的な立体図形や動物などのモデルがある程度共有されているサービスです。ネジの形状やレゴのような形状を造形できる場合も、造形した後の組み合わせて更に大きいものを作れるのでおすすめです。一般的な積層タイプの3dプリンターでは10cmから20cmのサイズまでしか造形できませんが、パーツごとに分けてプリントした後に、多少加工してから組み合わせればどんなものでも制作することができます。3dプリンターで造形した後には必ずムラがあるため、ヤスリなどできれいに削って美しく仕上げれば完璧です。実際に実用的なモノを作っていきたい場合は、デザインする前に求める機能から研究していくとデザインを見つけやすくなります。3dプリンターで作れば事務所内の交換パーツや部品も造形できるため、ビジネスで生かせば大幅なコストカットも可能で、商品として売り出すのもおすすめです。