継続使用しないならインカムはレンタルするのがお得

  1. ホーム
  2. 貸出の仕組みとメリット

貸出の仕組みとメリット

電話

現場の負担軽減になる

ビジネスホンは、外線と内線を合わせて使用するものがほとんどですが、最新機種を導入する場合にはそれぞれの個別端末にかかってきた番号を表示しつつも、全ての端末で同じように共有するというような仕組みが求められます。こうしたビジネスホンシステムを導入するのは困難なため、専門のリース業者に運営まで任せると負担を軽減できます。ビジネスホンは、それぞれの社員が使用する個別端末同士を内線で接続し、顧客や関係者からかかってくる外線も受けられるようにしないといけないため、回線が複数存在する状態になります。外線を内線経由で別の社員に引き継ぐような場合には、専門のリース業者にシステムを設定してもらうと簡単に切り替えできるようになります。一般的にリースと言うと電話機だけの貸出サービスになりますが、ビジネスホンリースでは、そういった生産性を高めるためのシステムや運営をサポートしてもらえるため、毎月のコストが発生しても十分なメリットがあります。停電や社内システムダウンによるビジネスホントラブルに対しても、素早く復旧作業ができるのはリース業者を利用しておく大きなメリットになります。外線と内線が共存するという特殊な環境で利用することになるビジネスホンは、プロのリース業者のメンテナンスが受けられればより効率的にビジネスで役立てられます。高いお金がかかるサービスでもこうしたリースが利用されるのは、保守運営のサービスも付加しているのが一番の理由です。