介護フランチャイズ会社を利用するなら|やさしい手がお勧め

介護事業に参入するために

他事業経験では足りない

介護士とシニア

少子高齢化によって、介護サービスの需要が年々増加しています。
それに目をつけた経営者の中には、介護サービスの事業を展開したいと考えている人もいるでしょう。
しかし、命を預かる介護サービスの事業を展開するとなると、ある程度の知識が必要になります。
なので、初めて介護サービスに参入する場合には、フランチャイズへの加盟を検討しましょう。
加盟することで、介護のノウハウを得ることができます。
また、現場スタッフの採用活動や育成、開業後のサポートも受ける事ができ、スムーズな運営がが可能になります。
最近は、様々なフランチャイズ企業がありますが、中でも注目を集めているのが「やさしい手」です。
やさしい手は、在宅介護サービスや介護付き住宅事業、高齢者向けの家事代行サービスを提供している会社で、コンサルティング事業にも力をいれています。
加盟店の募集も行なっており、定期的に、加盟希望者向けのセミナーも開催しています。
また、すでに介護サービスを提供している法人向けのコンサルも行なっています。
やさしい手のコンサルを受けることで業績が上がったという声も多くあります。
このやさしい手への加盟や再生コンサルを依頼する場合、ホームページ上に記載されているフリーダイヤルの番号から問い合わせをしましょう。
また、資料請求をしてもよいでしょう。
ホームページ上には、フランチェイズに加盟した人の体験談なども記載されているので参考にすることが出来るはずです。

地域包括ケア

介護施設

やさしい手は、高齢者に生活支援サービスを提供しています。
やさしい手が実施している「地域包括ケア」は、地域に住んでいる人のニーズに応じた福祉サービスや医療サービスです。
在宅医療を行っていますが、24時間対応しています。
やさしい手では、訪問介護やリハビリテーションなどの設備も充実しています。
多用な高齢者向けの生活支援サービスを行っていますが、将来的に介護が軽減されるような予防にも取り組んでいます。
高齢者に介護や医療が必要になったときに、自宅で生活できるサポートの基礎を作っています。
やさしい手では、介護事業者を対象にした介護運営に関するセミナーを開催しています。
地域包括ケアを行うためには、地域の介護事業者同士の連携が必要になります。
その連携をつなぐのがやさしい手の役割です。
個別相談会を行って、地域包括ケアの取り組みや介護の事業内容などを説明しています。
すでに運営を行っている介護事業者に対しても、やさしい手ではコンサルティングを実施しています。
さまざまな介護のプランを練ったり、ご提案をしています。
介護サービスや人材の採用方法などについてアドバイスしています。
やさしい手のアドバイスを受けることによって、高い顧客満足度を得ることができるでしょう。
地域のニーズに応えることで、高収益を上げることも可能です。
今後ますます必要になってくる高齢者向けの生活支援サービス、やさしい手では地域の連携に努めています。

無駄を省き事業を成功に

老人

やさしい手は訪問介護や家事代行、デイサービスや高齢者住宅などの介護サービスを行っている会社で、フランチャイズ展開をしています。
やさしい手のフランチャイズに加盟すれば事業立ち上げのための支援と、開業後の事業サポートが受けられます。
開業前の支援としては市場調査や行政への認可申請、人材募集や研修などがあります。
介護ビジネスを始めたいと思っていても利用者が少なかったり、他に競合するサービスがあれば開業後経営が立ち行かなくなることも考えられます。
やさしい手ではそういったことがないように、事前にマーケティング調査を行いそれに基づいてどのようなサービスを行えば利用者を獲得できるか助言を行ってくれます。
人材募集や研修なども行ってもらえるので、今まで介護経験がない人材を採用しても安心です。
介護サービスの利用者はケアマネージャーから紹介されて利用を始める人も多いため、地域のケアマネージャーや医療機関との関係づくりのための支援も行っています。
開業後は利用者に満足してもらえるサービスを行うのはもちろんですが、日常業務の無駄を省きコストをかけずに運営していくことが大切です。
やさしい手では無駄な業務をしなくても運営していけるようなサービスも行っています。
パソコンやモバイル端末で介護記録やスタッフの働いている状況を記録し共有できるようにしているので、仕事上の無駄がなくなり賃金計算や請求管理も簡単にできます。
また売上やサービス内容の状況を分析して、さらに業績を伸ばす為のアドバイスも受けられます。